1. 熱帯魚と水草の話満載♪フィッシュセンターコラム
  2. お得情報いっぱい!メルマガ会員様募集中!
  3. IFCモバイルサイト お手持ちの携帯でQRコードを読み込んでアクセスして下さい http://www.ichigaya-fc.com/m/

市ヶ谷フィッシュセンターからのお知らせ

コラム内検索

2010-04-20 (Tue)

スタッフ佐川のコラム 第15回

スタッフ佐川のコラム 第15回

鱗好き☆

 ピンポンパールは金魚の中でも大変人気があり、その愛くるしさは確かなものです。体型がコロコロとしていて、泳ぎもゆったりしているので、見ていると癒されます。
名前の由来はピンポン玉のように丸いということですが、これはそのままですね(笑)
中国が原産の金魚「珍珠鱗(チンシュリン)」から出現する短尾で丸手のものを選別交配した個体をそう呼んでいます。
また、丸くて可愛いだけでは終わらないといのがこの種の特徴でもあります。
よく見ると、一つ一つ白い鱗がポコッと出ています。この正体はというと、鱗に沈着した石灰質で形成されてできたものなのですが、それはまるで真珠が埋め込まれているかのようで、とっても綺麗なのです。
ちなみに、この鱗は硬くできていますが、一度取れるときれいに再生するということはありません。

飼い方はというと、他の金魚と同様の考えでよいと思います。餌の種類もいろいろありますが、基本食は人工飼料で、おやつに冷凍天然餌をあげるようにします。浮上性のものより沈下性の方がオススメです。
ただ、丸もの全般にあてはまるのですが、餌のあげすぎはバランスを崩してしまうので、適量を与えるようにしましょう。
飼育環境に慣れた金魚は、水槽近くに寄るだけでこっちを見て何やら話し掛けてくれているような、見つめてくれている様な気がします。ここで、餌が欲しいのかと思いどんどんとあげすぎると、最終的には転覆病や、腸に障害を起こしますので気をつけましょう。
可愛いいからあげたくなりますねっ…その気持ちはよく分かります…
がっ、ここは一つ、カワイイからこそ我慢をして下さい(笑)

あと使うフィルターはというと、流量調節ができるものがオススメです。見るからに流れに立ち向かうという体型をしてないので、強い流れがあるとクルクル回って大変なことになってしまうのです。
どうか、強い水流から守ってあげてください☆ (佐川)